浅地音楽学院
HOME リトミックとは サイトマップ
浅地音楽学院(リトミック研究センター認定校)はお子様〜大人までを対象とした総合音楽学院です
学院の考え方 学院のご紹介 コース紹介 体験レッスン レッスン日記 発表会 お問い合わせ

楽員の考え方
リトミックとは

まずは体験レッスン!募集受付中!
携帯サイトはこちら
公式ブログはこちら
音符くん

リトミックとは

リトミックはスイスの作曲家・音楽教育家エミール・ジャック・ダルクローズによって考え出された教育法です。音楽教育にリズム運動を取り入れ「からだで覚える」ということで音楽を聴く、歌う、演奏する、作るといった「音楽教育」で学ぶ事をからだを動かし 経験を通じて感じ取っていきます。そして、これから受けるであろうあらゆる教育を十分吸収し、それらを足がかりに大きく育つための基礎造りをするのがリトミックなのです。



 
  さらに詳しく
 リトミック(eurythmics)とは、スイスの音楽教育家で作曲家でもあったエミール・ジャック・ダルクローズ(1865年-1950年)が開発した音楽教育の手法で、「ダルクローズ音楽教育法」ともいいます。当時、ハンブルクなどを中心に、国語や美術、体育、音楽の教育を訓練、調教ではなく、子ども本人が自ら進んで学び、その感覚を体感的に身に着けていくための情操教育、芸術教育が叫ばれ、ダルクローズは、そのために楽器の演奏訓練を早期から闇雲にやらせるのではなく、音を聞き、それを感じ、理解し、その上で楽器に触ってみる、音を組み合わせて音楽を作ることの楽しさを身体全体で味あわせ、その喜びの中で、音を出し、奏で、そこから旋律を作っていくことへの興味と音感を育んでいこうとしました。
 日本の音楽教育の草分け、山田耕筰も自らダルクローズを訪ね、大いに影響を受けたといいます。こうしたリトミック教育は、舞踏、演劇の表現能力のトレーニングにも利用され、また幼児教育、障害児教育にも盛んに取り入れられています。
 当学院では楽器を用いたアンサンブル、リズム運動、全身を使った音楽表現などにより、音楽の基礎を楽しく学んでいきます。レッスンはグループ形式で行いますので、お友達とのコミュニケーションの中から協調性や社会性を育むことができます。
 レッスンではリトミック上級資格を持ったスタッフが指導にあたり、お子様一人一人の成長や学習進度に合わせながらレッスンを行っています。
 
 


ページの先頭へ
COPYRIGHT 2006(C) 浅地音楽学院/本妻とに掲載の写真等のご利用はご遠慮下さい
〒921-8149 石川県金沢市額新町1-100 / 076-298-7228